不眠症には種類がある《病気のサインを見逃すな》

不眠症には種類がある《病気のサインを見逃すな》

ハート

中途覚醒

眠りにも種類があります。
その中でも一度眠りに落ちてから、途中で何度も目覚めることを中途覚醒と言います。これはよくあることなので、自分は精神病と関係ないと思う方が多いのも事実です。これが悪化するとうつなどを誘発することもあるので、注意しましょう。

腕を広げる人

早期覚醒

すぐに眠れたとしても、起きなければならない時間よりも早く目覚めてしまったり、それ以降眠ることができない症状のことを指します。その場合も不眠症と診断されると言えるでしょう。

カウンセリング

熟眠障害

眠りが浅いので翌朝目覚めても頭がボーっとしていることがあります。そのままにしておくと仕事に集中できないだけでなく注意力も落ちてしまうので、早めに改善するのが得策です。

症状の違い

不眠症

主な不眠症の症状として、布団に入って30分から1時間以上が経過したのにも関わらず眠れないといったことが挙げられます。そうすると、仕事へ支障を来してしまうこともあるので、東京の病院でカウンセリングを受けるべきです。

過眠症

不眠症とは対極的に、仕事や食事中であっても眠気に襲われるという症状を過眠症と呼ぶことがあります。この症状も鬱などの精神病の1つとされているので、自分に当てはまるのならクリニックに行くべきと言えるでしょう。

広告募集中