硬貨とお札

仮想通貨のサービス

仮想通貨の活用法

一番身近な仮想通貨は、ビットコインやリップルでしょうか。最近はこの人気が上昇しています。一年前にビットコインの取引の会社が経営破たんしたというニュースで、初めてその存在を知った方もいるかもしれません。仮想通貨とはデジタルコインで、実際に手元に通貨が実感できるわけではなく、データ上の通貨です。ネット上にウォレットを作って、残高を確認することもできますので、ネット上の銀行に似ています。日本だけでなく、世界でグローバルに活用されています。使用するにもコンビニなどで手軽に購入できてしまうので、意外と使えてしまいます。また、最近はリップルという仮想通貨が人気急上昇となっています。

リップルとビットコインの違い

では、リップルとビットコインはどのような違いがあるのでしょうか。 海外では仮想通貨は人気が高く、ビットコインのように価格が高騰しているものもあります。 では、リップルとビットコインはどのような違いがあるのでしょうか。 まず、リップルは暗号通貨を使った新しい仮想通貨です。あのgoogleが出資して作った通貨として、人気があります。また、ビットコイン以上に使い勝手がいいのです。 リップルはビットコインのように単一の通貨ではないので、その他の通貨と交換したりできるのです。 要するに、世界中で流通する可能性のある決済通貨になっていけるのでは、と思えるのです。このリップルを極めることによって、億万長者になる人も出てくるのではないでしょうか。