心療内科で診断することができる症状を大公開

ハート

双極性障害

東京や岡山でも心療内科に通う方は多くいます。まずはどのような症状の方が通われているか確認してきましょう。
診療内科で見られる症状のひとつに、双極性障害があります。これは、気分が沈んだままの鬱状態と急に気分が高くなる状態2つを併せ持っている、いわゆる躁うつ病といわれる病気です。

強迫性障害

強迫性障害とは、頭の中にふと浮かんだことをいつまでも考えてしまったり、実際に行動に移したりしてしまう行為のことを言います。例えば、何回も手を洗うという行為もこの病気の特徴と言えるでしょう。

PMS

この症状は女性が生理になる前によくみられる症状とされています。主に、何もないのにイライラしたり、情緒不安定になったりすることがあります。他にも、頭痛や体のだるさなど体に異変が現れることもあります。

ADHD

ADHDは子供によくある症状とされていましたが、近年では大人にも現れることがあります。人付き合いやコミュニケーションができない方はこの病気に当てはまる可能性が高いので、1度心療内科に行ってみると良いでしょう。

心療内科の選び方

土日も開いている

心の病気はいつ現れるか分かりません。ですので、土曜日や日曜日でも開いているクリニックならいつでも通うことができるでしょう。診療時間はサイトから閲覧することが可能となっています。

完全予約制

予約をすることができるクリニックであれば、待ち時間を短縮することができるでしょう。また、広々としたロビーに長時間待たされるのが苦手な方はこういった病院がお勧めとされています。

料金が明確

心療内科のほとんどが分単位で料金が加算されることがあります。ですので、25分は2500円前後、50分は5000円前後など料金を明示しているところで診てもらうと安心することができるでしょう。

未成年でも治療ができる

病院によっては未成年だと診断してもらえないところもありますが、中には保護者が付いていれば診察を受けられる場合もあります。ですので、病院に行く前に1度電話で確かめてみると良いでしょう。

病気かもしれないと思ったら

精神疾患になってしまうと長期的な治療が必要になることが多くあります。そうならないためには、早めに症状を見破り、正しい治療をすることが大切です。ですので、病気の疑いがあるのなら診断を受けるのが得策です。

比較する事が大切

営業時間や料金はクリニックによって大きく変動することがあります。ですので、他のクリニックと比較して自分の都合の良い方を選ぶとスムーズに通院をすることができるようになるでしょう。

広告募集中